未分類

【画像で詳しく】最新の箱根ユネッサン何がある?安くする方法まで解説

 

箱根ユネッサンに2021年10月24日に行ってきました。

はならっこ
はならっこ

箱根ユネッサンってどんなお風呂があるの?
コロナだけどどのくらい混雑しているのか?
箱根ユネッサンってどんなお風呂があるの?

はならっこ
はならっこ
箱根ユネッサンの最新の状況について解説します。

この記事では、箱根ユネッサンの料金、施設内容、混雑、安くなる方法、持ち物について解説してます。

箱根ユネッサンが気になっている方、これから行く方は参考にしてみてください。

 

箱根ユネッサンについて

箱根ユネッサンとは

箱根ユネッサンは、水着で遊べる温泉「ユネッサン」日帰り温泉「元湯 森の湯」という施設に分かれています。

ユネッサンでは、有名な「コーヒー風呂」や「ワイン風呂」など個性的なお風呂を楽しむことができます。「ワイン風呂」ではワインの飾りからお湯が注がれていて、顔を近づけるとインスタや写真映えすること間違いなしです。他にも凝った装飾があるのでそこも魅力です。箱根施設の中でも、家族連れやカップル、女子会でも楽しく過ごせる施設になっています。

アクセス

住所:〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297

バス:箱根湯本駅/小田原駅から箱根登山バスまたは伊豆箱根バス「小涌園」で下車

無料シャトルバス:強羅駅からユネッサンまでだいだい1時間に2本ずつ

駐車場:ユネッサンの裏にあります。2時間無料。2時間以上は1日1300円。

 

料金

大人 こども
共通 3,500円 1,800円
ユネッサン 2,500円 1,400円
元湯 森の湯 1,500円 1,000円

 

箱根ユネッサン流れ

実際に、2021年10月24日(日曜日)に行ってきましたので、箱根ユネッサンの流れについて解説していきます。

受付

まず箱根ユネッサンに入ったら受付がありますので、そこで共通にするのかユネッサンだけ、森の湯だけかを選択してお金を支払います。

うちの場合は、株主優待券で共通パスポートと交換しました。料金を支払い、スタッフの方から館内の説明を受けます。そのあとユネッサンで使用するロッカーのバンドをいただきました。

ロッカー

入口から入場して靴を脱ぎます。靴をもっておみやげやさんの脇をまっすぐ行ったところのエレベーターと階段を使って女性は5階、男性は4階のロッカーへ向かうことになります。

待ち合わせは着替えおわって出たすぐのところにベンチもあるので、「出たところで待ち合わせ」で会えます。

ユネッサン施設

A.神々のエーゲ海

入口から入ってすぐのところにある、ユネッサンの施設の中でも1番大きいサイズの温水プールになります。サイドには、ブクブクとマッサージしてくれるところがありました。密にならないようにブクブクは1コマずつ開けて稼働していました。

息子が100㎝なのですが顔がギリギリつかないくらいの深さでした。浮き輪やボールでも遊べます。

 

B.ボザッピィの湯ゥ遊広場

ボザッピィの湯ゥ遊広場は、小さいお子さん向けの温水プールになっています。大きいプールでは深いという方はコチラがおすすめです。船やユネッサンのキャラクターが飾ってあります。すごく浅いので親はちょっと寒いかもです。

 

C.緑のテラス

緑のテラスでは、このくらいのお風呂が4つあります。サイズは1つのお風呂に1組ずつ入っている感じでした。普通のお風呂かと思ったのですが、この日はチョコレートのお風呂になっていました。

 

D.本格コーヒー風呂

本格コーヒー風呂は緑のテラスの横にあります。本格コーヒー風呂は、2つのお風呂がくっついているサイズになっているのでスペースを取ってゆっくり浸かることができます。コーヒー袋があったり、コーヒーアイテムがあるので楽しく写真も撮影できますね。

 

E.ワイン風呂

ワイン風呂は、入口から左の階段を上がっていくとあるお風呂になります。実際にワインの瓶からお湯が出ていたり、樽が飾られていたりとユネッサンの中でも1番の写真スポットです。ワインの香りもしっかりしていて心地いいお風呂です。

 

F.緑茶風呂 G.酒風呂

本格コーヒー風呂の隣に酒風呂と緑茶風呂があります。この日はハロウィンが近かったのでハロウィンの装飾がされていました。緑茶風呂は、小さめで1組のみ入れるサイズなので酒風呂に入って様子を見ながら順番に浸かるのが良いですね。

H.ドクターフィッシュの足湯

ドクターフィッシュの足湯は、ワイン風呂と本格コーヒー風呂の間にあります。この日は1日3回で10:30、14:30、17:00にやっていました。ドクターフィッシュの体験費用は1回100円(3歳以上)となっていて、体験時間は数分間になります。絶対体験したいという方は早めに行っておきましょう。

 

I.ボザッピィのジャングルジム

子どもが1番楽しんでいた施設になります。ジャングルジムは屋外施設になるので、緑のテラスかボザッピィの湯ゥ遊広場から外に出る必要があります。

3分おきくらいに上のバケツから大量にお湯がかかります。滑り台も2つあり、公園のように遊ぶことができます。ただ、滑りやすくなっているので注意が必要です。

この日は2階には上がれないようになっていましたが、2階に上がるとロデオマウンテンの方につながっています。

 

J.ロデオマウンテン

110㎝以上からできる屋外滑り台になります。スタッフさんが上できちんと監視していました。土日でしたが人数も少なかったので1つの滑り台のみ稼働していました。滑ってみると、結構勢いがあるので楽しいです。

 

K.龍の水辺 L.洞窟風呂 M.段差風呂

ロデオマウンテンの横に龍の水辺が見えます。上から滝のように流れる水が滝のように感じられます。その奥には洞窟温泉があり、3エリアに分かれた洞窟となっていて、それぞれライトアップが違うのでいろいろな雰囲気を感じられるお風呂になっています。

 

P.超絶景 展望露天風呂

洞窟風呂から出てわき道を通っていくと橋があり、その先に超絶景展望露天風呂があります。だいだい3分くらい歩きます。お湯は結構熱めで「温泉」っていう感じで浸かることができます。

この日はハロウィンが近かったのでかぼちゃ風呂となっており、かぼちゃが浮かんでいました。山の中の景色もキレイなので少し歩きますが行く価値ありです。

 

ファストフード「フォンターナ」

ユネッサン施設の中で食事をしようと思ったら入口すぐのファストフード「フォンターナ」になります。リーズナブルな価格帯なので利用もしやすいですね。

 

森の湯施設

共通パスポートの方はユネッサンを利用した後森の湯へむかいます。

館内は水着のまま移動可能ですので、荷物をもって水着のまま3階森の湯へ行きましょう。森の湯ではロッカーのカギ指定がないので好きなロッカーを使いましょう。

森の湯では、屋内に温泉が1つと屋外に何個か温泉がありました。外の景色も堪能できるのでゆっくり箱根のいい温泉を堪能できます。

アメニティもボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、化粧水、乳液、くし、ドライヤーといった通常のアメニティーも完備していました。

 

お会計

森の湯を出るとお会計をすることができます。ユネッサンでリストバンド読み込みで使用した飲食費用もここでお会計となります。

混雑

2021年10月24日時点では特に入場制限や事前予約もありませんでした。事前予約は夏休み中はしなくてはならなかったようです。状況によっては事前予約が復活するかもしれませんのでホームページで確認しておきましょう。

ユネッサンは、朝一番には混雑はしていませんでしたが、お昼くらいになると神々のエーゲ海付近には結構人がいました。混雑が気になる方は、朝早くに行って先に神々のエーゲ海で遊んでしまうのが良いかと思います。

また、気温が低い日は屋外施設に日が当たっている時間を狙っていきましょう。

森の湯は、かなり空いている印象でソーシャルディスタンスも確保できていました。

 

安くする方法

大人 こども
共通 3,500円 1,800円
ユネッサン 2,500円 1,400円
元湯 森の湯 1,500円 1,000円

 

ちょっと高いなと思う方は、箱根ユネッサンを運営している藤田観光の株主優待券がおすすめです。

はならっこ
はならっこ
私は株主なので、優待券が送られてきますが、株をやっていない方には少しハードルが高いですよね。でも、フリマサイトにも出てるので安心です

フリマサイトでは、2枚で2000円くらいで出ています。1枚あれば2名分無料になるので、2枚で大人4名分の共通パスポートに引き換えできます。

*日によって違うので値段は参考程度にお願いします。

メルカリは、私の紹介コードで登録すると500円分ポイントもらえるのでよかったら使ってください。

メルカリ→ TUDVRE

ラクマは100円分ポイントもらえます。

ラクマ→ duup7

 

持って行った方がいいもの

箱根ユネッサンに行くのに持って行った方がいいものについてはコチラです。

タオル
携帯入れ
防水袋

タオルは持っていない方はレンタルになります。ユネッサンでは、レンタルバスタオル200円、レンタルフェイスタオル100円となっているので必ず持っていきましょう。

中で写真撮影をしたい方は、防水携帯入れも必須です。やはり防水携帯といえど不安がありますよね。

 

防水袋は、ビニール製の袋になります。ユネッサン施設では、神々のエーゲ海にフックがたくさんあるのでそこにひっかけておくことができます。タオルや盗まれてもいいものに関しては持ち込むことができるので用意しておくといいですね。

 

まとめ

この記事では、箱根ユネッサンの料金、施設内容、混雑、安くなる方法、持ち物について解説しました。

場所によっては混雑もしているので、早めに行って空いているところを周るのが効率的です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA